カテゴリー
交通安全

交通安全研修@はしかみ

スマアシの体験試乗。自動ブレーキとアクセルの踏み間違い防止を体験。すごい!

2023年10月30日(月)、

階上町道仏交流センターで

青森県交通安全母の会連合会

三八ブロック研修会に参加しました。

 

南部町交通安全母の会会長として

年間を通して研修や啓発イベントに参加しています。

 

今回は、あいおいニッセイ同和損保さんの協力で

「自動車に関する危険と交通事故防止」をテーマに

グループワークをしたり、

青森ダイハツモータースさんの協力で

「スマートアシスト体感試乗体験」

が実施されました。

 

運転は「技術」が中心ですから、

実体験型の研修は「意識を変える」ことに

とても役に立ちますね!!

 

交通事故を防ぐには、

「~かもしれない」

という予測を立てられるかどうかがカギです。

 

ほとんどの方は、

「今まで事故が起こらなかったから」

という楽観的な予測を立ててしまいます。

 

研修では、損保で収集している走行データから

「急ブレーキ多発地帯」を教えていただきました。

しかも、自分が住んでいる町のデータをいただけたので

驚きでした!!

 

南部町内の急ブレーキ多発地帯1位は…

南部支所~南部病院前のエリアでした。

同席した母の会会員からは

「あそこは信号が近すぎるから、見逃す」

との意見もありましたが…

 

病院前で、高齢者の通行が多く、

小中学生の通学路にもなっているため

信号は現状のままがベストだと思います。

 

次に急ブレーキが多いのがチェリーセンター前のあたりです。

どちらの箇所も、「町外の人が多く集まる」

という点で共通しています。

 

みなさま、国道4号を通行の際は

ご注意をお願いしますm(__)m

カテゴリー
交通安全 議員活動

バス停ができた!!

時はさかのぼり…

2023年4月1日、

南部町大向船場平(ふなばたい)に

新しくバス停ができました!!

 

この地区は、以前投稿したとおり住民から

「バス停遠いです…(泣)」と要望がでていたところ。

【町民の声】バス停遠いです

 

要望を聞いた担当課の方が、

バス停の追加を検討してくださり

関係者の尽力で新しいバス停の整備へとつながりました(^^)/

 

バス停の設置を知った周辺町民から

「バス停が近くなって、助かった(T▽T)」

と喜びの声がたくさん届きました。

 

新たなバス停をつくること、

バスの運行ルートを決めることは様々な規制があり

容易ではありません。

 

しかし、利用者は刻一刻と変化しています。

南部町では、令和4年度から開始した「町内バス無料化」事業により

バスの利用者が急増したそうです。

 

雪国にとって、凍結した冬道の運転を避けることは

即、命を守ることにつながります。

安全で安心なバスの走行のために

これからも地域の声を届けていきましょう♪♪

カテゴリー
交通安全

町民の声で道路が改善

標識がなかったころ
標識ができたあと

2022年9月末~10月初旬にかけて、

南部町大字大向の「古牧橋」近くの道路に

念願の道路標識が設置されました(^^)/

 

この標識設置要望は、1年ほど前に住民から

「地域の人は一方通行してるけど、標識がないから

知らない人は逆走してくる。

危ないから、警察に電話してけろ」

という声を聴き、三戸警察署の交通課に連絡していたものでした。

9月12日に行われた交通安全協議会で交通課課長から

「今年中にはできそうです」

と報告を受けていたのですが

まさかこんなに早いとは!

 

声を届けてくれた当人から、

「たまげた(とてもの意)いい(^^)」

と喜びの声もいただきました。

 

これからも交通事故撲滅のため

働いていきたいと思います。