カテゴリー
議員活動

9月定例会はじまりました

R4.9月定例会 日程表
一般質問通告書

2022年8月30日(火)、9月定例会がはじまりました。

9月定例会といえば、前年度決算です。

もちろん一般質問も可能で、今回は3つの質問を通告しました。

南部町のホームページでは、議会日程(1枚目の写真)は公開されていますが

一般質問通告一覧表(2枚目の写真)は載っていません(-_-;)

これでは、議場に足を運ばない限り誰がどんな質問を通告したかがわかりません…

改善したいことの一つですね。

「傍聴いくよ(*´▽`*)」

と言ってくださっている方には、通告一覧表を渡す予定です。

ほしいかたは、お気軽に声をかけてくださいね(^^)/

カテゴリー
南部まつり

2022南部まつり‼︎

2022南部まつりポスター
南部まつり花火うちあげ会場受付

2022.8.13(土)、2022南部まつりが開催されました!

メインイベントの花火は、ざんねんながら河川増水のため1週間順延…。

会長、顧問がそろっての判断、苦渋の決断でした(◞‸◟)

1週間の充電期間を経て、

8/20(土)、新たな打ち上げ場所での花火を成功裏に終えることができました!!

実行委員としてかかわるようになったのは2年前。

今年は町民体育館でのステージイベントを担当しました。

地元の小中学校の発表の他、木村社中「月美会」様の舞踊、

伝統芸能ナニャドヤラ大抽選会も企画しました。

今年はインスタアカウント「nanbumatsuri」も担当しましたのでぜひ見てみてください♪♪

(インスタやるとブログが滞る問題、次こそは解決したい)

去年は雨のためイベントが中止、花火が順延という悔しい思いをしたため、「雨でも予定通り実行!」が命題でした。

花火も無事故でおわり、町民からは

「やっぱり南部の花火はいいね!!」の声がたくさん…(*´▽`*)

ひとまずホッとしています。

南部の熱い火をこれからも絶やさず、燃やしていきますよ~!!

やりたい企画がたくさん…

歴史、フルーツ、南部にはまだまだ宝が眠ってます✨

さて来年は何が実現できるかな。

一緒に実行委員やってくれる方も大大大募集中です!

カテゴリー
議員活動

議会報告①アフターコロナは屋外&近場観光

2022長谷ぼたんまつり開園セレモニー後の散策

①アフターコロナを見据えた観光の振興策とは?

この記事をご覧になっている皆様、

2022長谷ぼたんまつりには行きましたか?(^^♪

毎年5月末に開催されるぼたんまつり。

今年から、実行委員のメンバーとなりました!

もともと、旧南部町時代に「町民一人一本」の植栽を目指し

8000本もが植えられたものです。

地元のまつりの中でも、私がもっとも惚れ込んでいる行事の一つ。

静かな山間の風景、香りと相まって

「現実を忘れて…」という表現がぴったりな空間です。

そこで今回の一般質問では

町長公約内容の確認として

「アフターコロナを見据えた観光の振興」について質問しました。

町長答弁のうち、私が注目したのは

・感染の心配が少ない、屋外の観光

・県内など近距離の観光客誘致

が有効、と考えていることです。

まったくその通り!そして…

ぼたんまつりはどちらも兼ね備えてる!!ということです。

そして私が質問の中で強調したのは

地元民に愛されてこその観光地!!

ということ。

具体的には「観光施設には日ごろから地元の子どもたちが遊べるような、目玉になるような遊具が必要

ということです。

以前、町内施設にあった子ども向けの遊具に、

例えば「ウォータースライダー」や「竜神タワー」がありました。

しかしいずれも老朽化で使えなくなってしまいました…((+_+))

現在町では子育て世代定住政策の一環として

「ポケットパーク」の整備を進めています。

トイレも水道もない住宅街にポツっと公園をつくっても

利用されません。というより、利用できません。

せめて、つくるなら観光地に隣接させて

普段から地元の子どもがよく訪れる場所になってほしいと

願っています!

町側の答弁は、自然を生かした公園の整備に前向きな回答。

これからの町の公園づくりに期待です(^^)/

カテゴリー
未分類

観光&ペット火葬について質問しました

小学校「政治」の授業後板書

20022.6.6(月)南部町定例議会 一般質問1日目。

中館議員、八木田議員につづいて3人目として登壇しました。

今回の質問は町長の今期公約について。

①アフターコロナを見据えた特色ある観光の振興

②ペット火葬場の整備(広域)

の二点です。

私が特に伝えたかったのは

「観光の呼び水」となるこどもも遊べる施設の整備です。

先日小学校で行った「政治」の授業で聞いた

こどもたちの「遊び場がほしい!!」という声をとどけました。

しかも!

授業を受けた子どもたちが、傍聴にきてくれましたよ!(^^)/

もう子育てが終わってしまった世代には、

今の子どもたちにどれだけ「遊び場」が必要なのか

実感としてわかりづらいのではないかと思います。

子どもたちは、遊べる環境さえ整えれば

いくらでも体を動かして遊びます。

ゲームやネットに没頭させているのは大人の責任です。

南部で育つ子どもたちが

心から「楽しい子供時代だった」といえるような

環境をプレゼントしていきたいと思っています^^

カテゴリー
議員活動

今日から6月定例会です!

議場の入口で

皆さま、ごぶさたしておりました。

何だか3月から家族が体調崩したりして

家事をがんばっていたらブログの更新が滞ってしまいました(・・;)

言い訳以上です。

2022年6月3日(金)、今日のデーリー東北新聞に

先日向小で「議会について」の授業をした様子が載っています。

(記事をそのまま載せられないのが残念(-_-;))

デーリーが手元にある方はぜひ見ていただければ幸いです。

さて、ブログ休んでる間に、

ちょっとですがインスタもさわるようになったり

SNSレベル1ぐらいにはなったかな?

インスタでは、「長谷ぼたんまつり」の実行委員として、

funfunbotanの名前で開花状況など発信しました。

見てくださった方ありがとうございます(*´▽`*)

SNSってすぐ反応があって、ブログと正反対。

いい面とわるい面があるので

上手につきあっていきたいですね。

【6月定例会について】

今日から8日までの日程で6月議会が行われます。

一般質問は6日(月)と7日(火)です。

私は6日の3番目。

1人目が10:00~なので時間読めませんが早ければ午前中にできると思います。

今回の質問は、「町長公約の内容と進捗状況について」

ということで

①アフターコロナを見据えた観光振興について

②ペット霊園の整備について

としました。

今月には観光目的の外国人が入国解禁になりそうですね。

向小6年生からでた意見もしっかりと届けていきたいと思います‼

カテゴリー
議員活動

3月議会おわりました

議員控え室です

昨日、10日間の日程で行われた3月定例会が終わりました。

3月定例会の主題はなんといっても

新年度の予算審査!!

来年度の新たな事業や継続事業が

どんなお金の流れ(財源)で行われるのかを

確認しました。

新年度の南部地区に関わる大きなものは

・町営住宅建設計画の策定

・旧南部分庁舎を博物館への改修するための設計

・令和5年度の小学校合併(南部小校舎使用)へむけての準備、各学校の閉校式

でしょうか。

他の地区のことも知りたい方はお気軽に

お声がけください^ ^

議会で話題になったことなど

追加情報入れながら順次更新します( ´ ▽ ` )

カテゴリー
未分類

「学童」について一般質問しました

2022年3月2日から、3月の定例議会がはじまりました!(^^)/

最近ブログの更新がままならなかったのは

議会の準備、特に一般質問の準備に時間をさいていたためです…

ところで「一般質問」って、役場職員以外はなじみのない言葉です。

よく議会だよりに、議員の写真つきででている

「問」と「答」のあれです。

「一般」とは、自治体が行う「事務一般」のことで、

「町がやっていることすべて」に対して「質問」することが

「一般質問」です。

町長の方針や考えを正式に聞くことができる

議員に与えられた権利です。

今定例会では、5人の議員が質問の「通告書」を出し、

私は3月3日に2人目の質問者として登壇しました。

今回は、「放課後児童クラブ」(通称 学童)の

●外遊びできる庭について

●学童までの交通安全対策について

●障がいをもつ子等が利用できる補助教室について

を質問しました!

以前ブログでレポートした内容をもとに、結論としては

「小学校の敷地内、または小学校跡地に設置されるのが望ましい」

という思いを伝えました。

学校統合まであと1年。

保護者や地域の方が「こんなはずじゃなかった」と思わないために

声を届けたり、直接話ができる機会を作って

よりよい南部町の小中学校を作っていけたらと思います!

皆さんのご意見、ひきつづき大大募集中です(^^♪

カテゴリー
未分類

学校統合説明会【通学編】

小学校に学務課の職員さんがきて説明してくださいました

2022年2月22日、小学校の授業参観に合わせて

学校統合説明会が行われました(^^)/

前回12月の参観日には、校長先生からの報告のみでしたが

今回は学務課の職員さんが直接説明してくださいました。

こういう細やかな経過説明が、保護者の不安を徐々にやわらげます。

先日の全員協議会によると、学務課による説明会を実施したのは全部の小学校ではないようです。

とくに校舎が使われなくなる小学校の保護者は不安が大きいですので

非常に配慮された取り組みだと思います。

さて説明会の中身は…

通学に使うコミュニティバスの運行予定表について

でした。

全体の説明の中で、現児童クラブも継続して使用するということでしたので

3点質問しました。

町からの回答も以下の通りです。

①小学校の発着地点は国道沿いなのか、学校敷地内なのか。

⇒(町)学校敷地内で発着する。

②バス停留所の安全対策、屋根の設置等の予定はないのか。

⇒(町)特定のバス停だけ行うと不公平感があるので、現在のところは予定がない。

③現在の児童クラブはバス停からの交通安全が心配なのと、庭が狭い。廃校になる校舎を児童クラブとして利用できないのか。

⇒(町)児童クラブの場所について決定はしていないが、校舎の利用については自分の判断では回答できない。

とのことでした。

他にも数名の保護者より、

・中学校どまりのバス小学生が乗ってもいいのか?小学校まで回ってもらえないのか?

⇒(町)小学生が乗ることはできる。そのバスがそのまま次の運行ルートに向かうので、時間調整可能であれば小学校まで回れるようにしたい。

・国道から小学校まで、バスはどのルートを通るのか?送迎車両もそのルートを使えるのか?

⇒(町)バスの運行ルートは、国道から薬王堂の脇を入り、体育館裏の交差点で右折予定。送迎車両は現在のルール等について、当該小学校に確認する。

などの質問がでました。

また、説明会が終わったあと、別の保護者から個人的に

「スポーツ少年団は今の場所をつかえるのか?」
という質問も。

とにかく、当事者からの声が一番ひびく!

質問や要望という形でどんどん不安を小さくしましょう。

来年は、長女のクラスも複式学級になるとのこと。

「子どもにとってベストな環境を整えたい」

という思いで、これからも発信していきます(^^)/

カテゴリー
介護の仕事 議員活動

高校生からインタビュー受けました

南部どき2階がインタビュー会場

2022年2月12日(土)、

現役高校生Mさんから「南部町の福祉について」

インタビューを受けました(°▽°)

Mさんのお母さんからの紹介です。

ご指名、ありがとうございます!

光栄です(*´∀`*)

若者から直接話を聞ける機会もなかなかないので

喜んで出かけました。

「南部町の福祉課題は?」など。

私の答えは、高齢福祉の分野では「交通難民」と「8050」問題でしょうか。

この問題は、まだまだ入口に立ったところだと思ってます。

なんたって、2040年には2人に1人が高齢者です。

今からたった、18年後の話です。

今はまだ、社会が高齢者や認知症に対応しきれていません。

人が環境に合わせる

環境を人に合わせる

にシフトする、ちょうど過渡期にあると思っています。

身近なところにある不便は、

自分だけの問題ではありません。

未来の誰かが、

いえ、未来の誰もが経験する問題を

一つずつ解決していきたいと思います。

今日インタビューをうけて1番思ったのは、

「若者の前で、あんまり人手不足っていうのやめよう(・・;)」ということです。

そんな業界に、誰が行きたいか?

自分に置き換えればわかることを

大人はいつも忘れてしまう…。

いつかMさんと仕事できる日がくることが

楽しみの一つに加わりました♪

カテゴリー
議員活動

議会改革委員会メンバーです

会議後に、案内板の前で。議場のある新庁舎3階で行いました。

2022年2月4日(金)、議会改革推進特別委員会に出席しました。

今回の任期中に(2023年9月まで)審議する内容についての検討でした。

検討事項の案として

(1)一問一答方式及び反問権の導入について

 ・一問一答方式の導入

 ・反問権の導入

(2)議会ICT化について

 ・議会中継(庁舎内)の検討

 ・動画の録画配信の検討

 ・タブレット端末の活用

(3)議員定数について  等

が検討案として各委員より提案されました。

以前、近所に住んでいる学校の先生に

「町会議員って、何をしてるんですか?」

と聞かれ、

地域の方や若者たちが

政治について「知る機会」がほとんど欠如しているんだなあ

と強く感じました。

政治は、生活に大きな影響を与えます。

その政治の情報が、限られていたり、伝わってくるのが遅かったりしたら

町民にとって非常に不利益であると考えます。

議会改革推進委員会のメンバーとして

「町民が参加できる政治」

「町民に見える政治」

の一助を担えるよう努力していきたいと思います!